11〜12ヶ月の育児                                                                   

乳幼児の育児と栄養百科   乳幼児の育児についてのお役立ちサイトです★。.::。.::・'゚☆。.::・'゚★。.::。.::・'゚

11〜12ヶ月の赤ちゃん  

     11〜12ヶ月 
スポンサードリンク


11〜12ヶ月の育児
歩き出す赤ちゃんが多くなります。
動きも早くなりますます目が離せません
体形も引き締まり赤ちゃんから
幼児体形へと変わっていくます!

発達と発育(赤ちゃん) 

新生児
1〜2ヶ月
2〜3ヶ月
3〜4ヶ月
4〜5ヶ月
5〜6ヶ月
6〜7ヶ月
7〜8ヶ月
8〜9ヶ月
9〜10ヶ月
10〜11ヶ月
11〜12ヶ月


  発達と発育(幼児)

1歳前半児
1歳後半児
2歳児
3歳児
  乳幼児健康診査

1ヶ月健診
3〜4ヶ月健診
6〜7ヶ月健診
9〜10ヶ月健診
1歳児健診
3歳児健診
成人病気予防の栄養素 

糖尿病
肝臓病
動脈硬化
癌(がん)
脳卒中
心臓病
その他の病気
    栄養成分 

抗酸化物質
たんぱく質・アミノ酸
脂質・脂肪酸
糖質
食物繊維
ビタミン類
ミネラル
甘味料
そろそろ歩き出す赤ちゃんが多くなります。体形もスラリとしてきて身長は生まれた時の約1.5倍になり体重は約3倍になるのが平均です。まだまだ発達には個人差がありますので、ハイハイやつかまり立ちが出来なくても、とくに異常が見られなければそのうち立ち上がれるようになりますが、あまり心配なら医師に相談するといいでしょう。 

指先もさらに器用になりますので紙とクレヨンなど与えてあげると、なぐりがきなどをします。誉めてあげると喜んでどんどん書きます。

意味のある言葉を言えるようになる赤ちゃんも多くなります。パパもママも沢山会話をしてあげましょう。

排泄の時間も決まってくる子もいますので、決まった時間に便器やオマルに座らせてあげると、タイミングよくする子もいます。出てる時に「チー」「ウッウン」と言ってあげて終わったら誉めてあげましょう。
ママの場合
公園デビューをすでにしている赤ちゃんも、まだの赤ちゃんもどんどん公園などの子供達の集まるところに連れて行きましょう。少し大きい子供達とはまだまだ一緒に遊べませんが、他の子の声や遊んでいる姿など見たり、声をかけてもらったりすると赤ちゃんも大喜びです。

ママにとっても同じくらいの赤ちゃんを連れたママに出会える場所です。子育ての情報なども交換したりママも赤ちゃんもお友達をつくりましょう。

そろそろ離乳食にも幅を広げて栄養のバランスも考えながらパパやママの食べているののでも薄めの味付けで、小さく切ったり、軟らかくしたり工夫してあげましょう。おやつなども時間を決めて、主食に影響のない程度に与えててください。

1歳の誕生日にはケーキなどにろうそくを1本立てて「フー」をさせて祝福してあげましょう。赤ちゃんも大喜び!
基本的な事
まだ母乳を飲んでいる子は断乳をする。離乳食も卒業して幼児の食事メニューに変えていきましょう。

日中は毎日公園などに連れていき十分に遊ばせてあげましょう。他の子との接触をさせてあげます。

外や部屋の中でも赤ちゃんから目を離してはいけません。一人で遊んでいる時は危険でなければ手を出さず見守ってあげましょう。

歩きはじめたら、足にあった靴を履かせましょう。最初はなるべく軽いものを選んではかせましょう。

まだまだ赤ちゃん中心の規則正しい生活を心がけましょう。おやつは時間を決めて、食事に影響の無い程度に与えてください。
初めての子供が一歳になった時ケーキとろうそくでお祝いしました。
みなさまも一緒だと思いますが、想い出に沢山の写真やビデオを撮ってあげることも大切ですね!

    
スポンサードリンク
  当サイトについて
ご利用について
サイトマップ
   プロフィール
   リンクについて
リンク集
ママのお役立ち栄養辞典
食品辞典
栄養辞典

ベビーローズの輸入ベビー服

ピジョンの公式サイト
ピジョンインフォ会員登録で
ベビー用品が当たる!

ベッタ哺乳びん
◇水玉のお出かけセット登場!
             
                                                                               Copyright(C) 乳幼児の育児と栄養百科 All rights reserved