新生児の育児                                                                   

乳幼児の育児と栄養百科   乳幼児の育児についてのお役立ちサイトです★。.::。.::・'゚☆。.::・'゚★。.::。.::・'゚

新生児

     新生児 
スポンサードリンク


生まれた日から一ヶ月
新生児育児についてのページです
産まれたばかりの赤ちゃんは可愛いけど
初めてのママにとって心配なことばかり
たくさんスキンシップしながら育児をしましょう!

発達と発育(赤ちゃん) 

新生児
1〜2ヶ月
2〜3ヶ月
3〜4ヶ月
4〜5ヶ月
5〜6ヶ月
6〜7ヶ月
7〜8ヶ月
8〜9ヶ月
9〜10ヶ月
10〜11ヶ月
11〜12ヶ月


  発達と発育(幼児)

1歳前半児
1歳後半児
2歳児
3歳児
  乳幼児健康診査

1ヶ月健診
3〜4ヶ月健診
6〜7ヶ月健診
9〜10ヶ月健診
1歳児健診
3歳児健診
成人病気予防の栄養素 

糖尿病
肝臓病
動脈硬化
癌(がん)
脳卒中
心臓病
その他の病気
    栄養成分 

抗酸化物質
たんぱく質・アミノ酸
脂質・脂肪酸
糖質
食物繊維
ビタミン類
ミネラル
甘味料
生まれたばかりの赤ちゃんは視力が発達していません。目の前でものを動かしても
目で追うことは出来ませんが、明暗はわかりますので、明るい方をよく向きます。

耳は生まれたばかりの赤ちゃんでも発達していてママの声に反応を示すこともあります。
大きな音をたてるとビックリするので気をつけてください。

頭はてっぺんに二箇所、大泉門と小泉門とあって、かるく触るとペコペコとしていますが
生後一ヶ月くらいで自然に閉じますが、強くさわったり、押さえつけたりしてはいけません。

へその緒は、生後1〜2週間で自然にとれます。じゅくじゅくにならないように完全にかわくまで
入浴後などに消毒をしましょう。
ママの場合  
初乳はママが赤ちゃんを出産してから初めて出る母乳で、黄色ががった色をしています。         
初乳は、赤ちゃんをウィルス、細菌、毒素などから体を守ってくれる免疫物質が多く含まれているそうです。

母乳には、赤ちゃんが成長するのに必要な栄養素を理想的な形で含んでいるので、赤ちゃんを
母乳で育てることをお薦めいたします。 おっぱいの出方は人それぞれです。最初からたっぷり出なくても気長に吸わせているうちにだんだん出るようになりますから神経質にならないようにしてください。

パパも育児に参加しましょう!
基本的な事
母乳は欲しがる時に、欲しがるだけ与えましょう。

市販のミルクの場合は使用上の注意など記載されている事を守って与えてください。

沐浴は毎日させてください。 首のまわりや脇の下・おしりなどは、ガーゼなどで、軽くこすって
綺麗にしましょう。新陳代謝がさかんなので、すぐに肌が汚れてしまいますので清潔にして下さい。

おむつは、まめにとりかえましょう 。
赤ちゃんは汗かきです。特に夏に生まれた赤ちゃんはマメに下着を取り替えてあげましょう。

おへそも毎日、清潔にして、なるべく乾燥気味がいいでしょう。 じゅくじゅくしている時は
消毒をして下さい。

赤ちゃんは殆んど寝ています。 個人差はありますが、起きている時は、おっぱいを飲んでいる時か泣いている時です。

泣いたら、まずはおむつをチェックしてください。うんちの色もチェックしましょう。母乳の場合は軟らかめで黄色がかっているのが普通です。  
私は初乳が大量に出ましたので入院中に、母乳の出が悪いママの赤ちゃん達に、看護師さんが
わけてあげて下さいと言われましたので、哺乳瓶に絞って、赤ちゃん達にあげた事がありました。
初めは母乳の出が悪くても、諦めないで、赤ちゃんに吸わせてあげて下さい!
徐々に出るようになりますよ!いい母乳が出るように栄養のあるものを食べてくださいネッ!
スポンサードリンク
  当サイトについて
ご利用について
サイトマップ
   プロフィール
   リンクについて
リンク集
ママのお役立ち栄養辞典
食品辞典
栄養辞典

ベビーローズの輸入ベビー服

ピジョンの公式サイト
ピジョンインフォ会員登録で
ベビー用品が当たる!

ベッタ哺乳びん
◇水玉のお出かけセット登場!
             
                                                                               Copyright(C) 乳幼児の育児と栄養百科 All rights reserved