予防接種について(おたふくかぜ)                                                                   

乳幼児の育児と栄養百科   乳幼児の育児についてのお役立ちサイトです★。.::。.::・'゚☆。.::・'゚★。.::。.::・'゚

流行性耳下腺炎

     予防接種TOP>おたふくかぜ 
スポンサードリンク


予防接種について

おたふくかぜの(流行性耳下腺炎)予防接種を受けるにあたって!
ワクチンなどを接種することによって、軽く病気にかかった状態にして、体内に
免疫をつくらせて赤ちゃんを自然感染から守るという目的で行います。
副反応などの心配する人も多いので、ワクチンの事をよく調べて
理解をし納得した上で受けましょう。
発達と発育(赤ちゃん) 

新生児
1〜2ヶ月
2〜3ヶ月
3〜4ヶ月
4〜5ヶ月
5〜6ヶ月
6〜7ヶ月
7〜8ヶ月
8〜9ヶ月
9〜10ヶ月
10〜11ヶ月
11〜12ヶ月


  発達と発育(幼児)

1歳前半児
1歳後半児
2歳児
3歳児
  乳幼児健康診査

1ヶ月健診
3〜4ヶ月健診
6〜7ヶ月健診
9〜10ヶ月健診
1歳児健診
3歳児健診
成人病気予防の栄養素 

糖尿病
肝臓病
動脈硬化
癌(がん)
脳卒中
心臓病
その他の病気
    栄養成分 

抗酸化物質
たんぱく質・アミノ酸
脂質・脂肪酸
糖質
食物繊維
ビタミン類
ミネラル
甘味料
予防接種の種類
BCG
ポリオ
三種混合(DTP)
はしか(麻疹)
風疹
日本脳炎
任意接種(自費)

インフルエンザワクチン
おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)  
水痘(水ぼうそう)
おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)
おたふくかぜにかかったことの無い1歳以上の希望者に1回接種します。
おたふくかぜは、ムンプスウイルスに感染することで発症します。ムンプスウイルスに感染し、症状があらわれるまでの期間は約2〜3週間です。
            
感染力が比較的弱いため、感染しても症状がでない場合もあります。おたふくかぜの特徴は、耳下腺部の腫れで1週間〜10日間でおさまります。
            
発熱による頭痛、腹痛などがあらわれる場合もあります。
スポンサードリンク
  当サイトについて
ご利用について
サイトマップ
   プロフィール
   リンクについて
リンク集
ママのお役立ち栄養辞典
食品辞典
栄養辞典
  
             
                                                                               Copyright(C) 乳幼児の育児と栄養百科 All rights reserved