栄養成分(脂質・脂肪酸)                                                                  

乳幼児の育児と栄養百科   乳幼児の育児についてのお役立ちサイトです★。.::。.::・'゚☆。.::・'゚★。.::。.::・'゚

脂質・脂肪酸  

     >脂質・脂肪酸
スポンサードリンク


栄養成分(脂質・脂肪酸)

食品には、いろんな栄養成分が含まれています。
それぞれの栄養成分の種類や特徴を知って
健康的な食生活を心がけてください。
脂質・脂肪酸について!


発達と発育(赤ちゃん) 

新生児
1〜2ヶ月
2〜3ヶ月
3〜4ヶ月
4〜5ヶ月
5〜6ヶ月
6〜7ヶ月
7〜8ヶ月
8〜9ヶ月
9〜10ヶ月
10〜11ヶ月
11〜12ヶ月


  発達と発育(幼児)

1歳前半児
1歳後半児
2歳児
3歳児
  乳幼児健康診査

1ヶ月健診
3〜4ヶ月健診
6〜7ヶ月健診
9〜10ヶ月健診
1歳児健診
3歳児健診
成人病気予防の栄養素 

糖尿病
肝臓病
動脈硬化
癌(がん)
脳卒中
心臓病
その他の病気
    栄養成分 

抗酸化物質
たんぱく質・アミノ酸
脂質・脂肪酸
糖質
食物繊維
ビタミン類
ミネラル
甘味料
     
脂質・脂肪酸
脂肪は炭素、水素、酸素でできていて、結合のしかたでタイプや種類が分かれますが、それぞれ体内での働きき方や性質は大きく異なります。

脂質の主な構成成分は脂肪酸で、単純脂質(中性脂肪、ロウ)、複合脂質(リン脂質、糖脂質)誘導脂質(コレステロール)に分類されますが、単純脂質と複合脂質には構成成分として脂肪酸が含まれています。

脂肪酸は動物性では、バター・ヘット(牛脂)・ラード(豚脂)などで、植物性ではオリーブオイル・大豆油・菜種油などの脂肪を構成する主成分です。

また脂肪酸の種類は、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸(一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸)に分けられます。
栄養成分(脂質・脂肪酸)

   飽和脂肪酸   不飽和脂肪酸   コレステロール
脂肪酸は人間にとって大切なエネルギー源となる成分であると同時に、生活習慣病の大きな原因の一つになってしまうという二面性を持っていることを知って、それぞれの働きを理解して、バランスよく摂ることが重要です。
スポンサードリンク

ママのお役立ち栄養辞典

食品の栄養成分 病気予防に
この食品!
栄養素の栄養成分
食品の栄養成分 効用別さくいん 栄養素の栄養成分
  当サイトについて
ご利用について
サイトマップ
   プロフィール
   リンクについて
リンク集
ママのお役立ち栄養辞典
食品辞典
栄養辞典
スポンサードリンク
             
                                                                               Copyright(C) 乳幼児の育児と栄養百科 All rights reserved